高齢者サービス

1979年の設立以来、LTSCは言葉や文化の壁、また経済的な困難に直面している日系高齢者に対し、低所得者向けケースマネージメントや介護者の斡旋、書類の翻訳、カウンセリングなど、さまざまなサービスを提供しています。この他、アルツハイマー介護者のためのサポートグループ、日系ともだちプログラムなど、変化する日系高齢者のニーズに応じたサービスを提供しています。

*ケースマネージメントとは、住宅、財務、介護、食事、送迎サービスなど、その人のニーズに応じたサービスのアレンジなどを提供することです。


チルドレン&ファミリーサービス

低所得家庭が自活できるよう手助けするプログラムです。子どもがいる家庭を対象に、デイケアをはじめ、ケースマネージメントやカウンセリング、子育て教室、仕事探しなどのお手伝いをしています。また、LTSCが所持する低所得家者向けアパートでは、アフタースクール家庭教師、家庭識字教育プログラムなども提供しています。


日本人家庭内暴力被害者救済プログラム

家庭内暴力は犯罪です。アメリカでは、DV被害者のために、いろいろな支援がさまざまな言語で提供されております。

リトル東京サービスセンターでは、邦人の家庭内暴力被害者を対象に、日本政府の協力を得て日本語で下記のサービスを提供しております。サービスは全て無料です。

  • 情報と照会のサービス (どこにどのような援助を求めるべきか)
  • 家庭内暴力についての学習 (DVとは何かを理解する)
  • 住宅情報(緊急シェルターおよび自立支援シェルターについて)
  • 「安全計画」を立てる支援(DVから逃れるための第一歩 )
  • 法的な情報や助言 (保護命令や移民法など)
  • カウンセリングとケースマネージメントのサービス

あなたは独りぼっちではありません。もう恐れる必要はありません。すぐにお電話下さい。


その他

日系ヘルプライン(800-645-5341)と留学生ホットライン(213-473-1630)を通じて、日本からの新移民者が直面している問題解決のお手伝いをします。